研究論文

 

Published online: February 13, 2014

陽極経頭蓋直流刺激は肘屈筋の動員戦略を変える

 
執筆者:Chandramouli Krishnan, Rajiv Ranganathan,Shailesh S. Kantak,Yasin Y. Dhaher,William Z. Rymerb
 

要旨

バックグラウンド

経頭蓋直流刺激(tDCS)は、陽極刺激が皮質興奮性を増大させ、陰極刺激が皮質興奮性を抑制するように、極性依存的に運動皮質興奮性を確実に変化させることが知られている。しかしながら、アゴニストおよびアンタゴニストの随意筋活性化に対するtDCSの効果は現在知られていない


目的

本研究は表面筋電図(EMG)を用いて二頭筋腕筋(アゴニスト)と三頭筋腕(アンタゴニスト)の筋電図/力の関係に運動皮質陽極tDCSの影響を調べた。


方法

18人の神経学的に無傷の成人(9人のtDCSおよび9人の対照)がこの研究に参加した。EMG /力の関係は、被験者にいくつかの力レベル(最大の12.5%、25%、37.5%、および50%)で最大下等尺性収縮を行わせることによって確立された。


結果

結果は、陽極tDCSが上腕二頭筋の筋電図/力の関係に有意に影響することを示した。具体的には、陽極tDCSは、上腕二頭筋の活性化の規模を最大の37.5%および最大50%で増大させた。陽極tDCSはまた、最大収縮中に対照条件と比較してピーク力およびEMG値の増加をもたらした。他の肘筋のEMG分析は、陽極tDCS後の上腕二頭筋の活性化の増加が相乗的または拮抗的な筋活動の変化に関連していないことを示した。


結論

本発明者らの結果は、陽極tDCSが拮抗筋の同時活性化を変えることなくアゴニスト筋の自発的なEMG /力の関係に有意に影響を及ぼすことを示している。陽極tDCS後の単位力あたりの観察されたより大きいEMGのための最も可能性の高い説明は、運動単位募集戦略の変更に関連しているように思われる。


キーワード:
非侵襲的脳刺激、筋電図/力、強さ、共活性化、収縮

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら