研究論文

 

Epub 2009 Jan 21

非侵襲的皮質刺激は、統合に対する効果を通して、複数日にわたる運動技能の獲得を促進する

 
執筆者:Reis J, Schambra HM, Cohen LG, Buch ER, Fritsch B, Zarahn E, Celnik PA, Krakauer JW.
 

要旨

運動能力は習得するのに数週間から数ヶ月かかることがあり、継続的な練習がない場合は時間の経過とともに減少することがあります。したがって、スキルの習得や習得を促進する戦略は、科学的かつ実用的に非常に重要です。ここでは、新規で挑戦的な運動技能課題の学習の長期的な時間経過に対する非侵襲的皮質刺激の効果を調べた。スキルの尺度は、タスクの速度と精度のトレードオフ関数(SAF)の変化を反映するように選択されました。これにより、変更されていないSAFに沿った位置の変動をスキルの変化として誤って解釈できなくなりました。被験者は、一次運動皮質(M1)にわたって経頭蓋直流刺激(tDCS)を受けながら5日間連続して練習した。スキル尺度を使用して、我々は、日内(オンライン)および日内(オフライン)の両方の影響、ならびに3ヶ月の追跡調査中の忘却率(長期保持)に対する、(偽と比較した)陽極tDCSの影響を評価した。偽の場合と比較して、陽極tDCSによる総合的な(オンラインおよびオフラインの)スキル獲得は、オフライン効果の選択的強化を通じて仲介されました。陽極tDCSは3か月の追跡調査期間にわたって偽と比較して忘却率を変化させなかった、そしてその結果としてスキル測定値は3か月で陽極tDCSでより大きいままであった。この延長された増強は脳損傷のリハビリテーションのための見込みを保持するかもしれません。さらに、これらの知見は、オフライン効果には寄与するがオンライン効果または長期保持には寄与しない、陽極tDCSの影響を受けやすい統合メカニズムの存在を支持している。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら