研究論文

 

First published November 10, 2010

両半球脳刺激は慢性脳卒中患者の運動回復を促進する

 
執筆者:R.Lindenberg, V.Renga, L.L.Zhu, D.Nair, G.Schlaug
 

要旨

目的:
脳卒中後の運動回復は、同側運動回路の完全性、および同側半球と対立半球間の相互作用に依存する。この擬似対照無作為化試験では、理学療法および作業療法と組み合わせた両側運動皮質の局所的興奮性の非侵襲的調節が脳卒中後の運動転帰を改善するかどうかを調査した。

方法:
20人の慢性脳卒中患者を無作為に1)両半球経頭蓋直流刺激(tDCS)(同側運動皮質の興奮性を上方制御するための陽極tDCSおよび対立性運動皮質の興奮性を下方制御するためのtDCS)の5連続セッションを受けるために割り当てた/作業療法または2)同時の理学療法/作業療法による擬似刺激。運動障害(上肢Fugl-Meyer)および運動活性(Wolf Motor Function Test)評価の変化は結果の尺度であり、一方、機能的イメージングパラメータを用いて運動改善の神経相関を同定した。

結果:
偽運動群(Fugl-Meyerでは3.2%、Wolfでは6.0%)と比較した場合、運動機能の改善は実際の刺激群(Fugl-Meyerで20.7%、Wolf運動機能検査スコアで19.1%)で有意に大きかった。運動機能検査のスコア)。効果は少なくとも1週間刺激を凌駕しました。実際の刺激群では、罹患肢のペーシング運動中の無傷の同系運動領域のより強い活性化が介入後に見出されたが、対照群では有意な活性化の変化は見られなかった。

結論:
半球型tDCSと末梢感覚運動活動の組み合わせは介入期間を凌駕した慢性脳卒中患者の運動機能を改善した。この新しいアプローチは脳卒中後の運動回復を促進する脳の適応プロセスを強化する可能性があります。


拠の分類:
この研究は、最初の唯一の脳卒中から少なくとも5ヵ月後に治療された虚血性脳卒中の成人患者に対して、5半連続セッションにわたる二半球tDCSおよび同時の理学療法/作業療法により有意に運動機能が改善される上肢Fugl-Meyer評価(未処理の変化は6.1±3.4、偽1.2±1.0)。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら