研究論文

 

Epub 2016 May 13.

生理的加齢におけるエピソード記憶に長期的な正の効果を誘導するための刺激の最適タイミング

 
執筆者:Manenti R, Sandrini M, Brambilla M, Cotelli M.
 

要旨

エピソード記憶は、加齢による減少の度合いが最も大きい。生理的老化における記憶を調節するために使用することができる非侵襲的脳刺激技術は経頭蓋直流刺激(tDCS)である。しかし、これまでの研究では十分に研究されていなかった側面は、エピソード記憶機能に長期的な正の効果を誘導するための刺激の最適なタイミングです。我々の以前の研究は、符号化中または文脈リマインダの有無にかかわらず、記憶統合後に、陽極tDCSが左外側前頭前野皮質上に適用されたときに、高齢成人におけるエピソード記憶増強を示した。ここでは、2つの研究を直接比較して、どちらのtDCSプロトコルが高齢の成人のエピソード記憶機能に長期的なプラスの効果をもたらすかを探った。加えて、主観的記憶愁訴を持つ人は後の記憶衰退のリスクが高いように思われるので、主観的記憶愁訴がtDCSによって誘発される記憶能力の変化(忘却)に関連するかどうかを決定することを目的とした。結果は、文脈リマインダとの統合後に適用された陽極tDCSが、符号化中の陽極tDCSよりも、おそらく再統合を通じて、エピソード記憶に長期持続的な正の効果をもたらしたことを示した。さらに、我々は新しいデータを提供し、主観的な記憶愁訴と文脈リマインダによる統合後に陽極tDCSが適用されたときに忘れることとの間の中程度の負の相関関係を報告した。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら