研究論文

 

Published online 2019 Jan 10.

子宮頸管形成性頭痛患者における筋肉活動および頸部機能に対する経頭蓋直流刺激による頭頸部屈曲の影響

 
執筆者:Seung Kyu Park, Dae Jung Yang,Je Ho Kim, Jae Won Heo, Sam Heon Park, Yo Han Uhm, and Jong Hyuk Yoon
 

要旨

〔目的〕
運動介入後の頸部機能障害指数(NDI)と頸部筋活動を比較分析することにより、頸部性頭痛患者に対する効率的な治療計画を提示すること。〔参加者と方法〕30人の子宮頸管性頭痛患者を頭頚部屈曲群(n = 15)および頭頚部屈曲+経頭蓋直流刺激(tDCS)群(n = 15)に割り当てた。介入を4週間実施した後、参加者のNDIと胸骨滑膜筋腫様筋活動を測定した。〔結果〕治療群は対照群と比較して介入後のNDIの有意に大きな変化を示した。処置群はまた、対照群よりも有意に大きな胸骨鞘腫様筋活動の変化を示した。[結論]我々の結果は、頭頸部屈曲運動中にtDCSを適用することで、子宮頸管性頭痛患者の疼痛および関連機能を改善しながら、胸骨鞘腫の筋肉をより効果的に強化できることを示している。これらの結果は、子宮頸管性頭痛患者のためのより効率的な治療法の開発に貢献するだろう。

キーワード:
子宮頸管頭痛、頭頸部屈曲、経頭蓋直流刺激

 

前書き

頭痛は一般的な障害で、生涯で96%、特定の期間で16%の有病率があります。慢性頭痛の約14〜18%は、頸椎の機能障害が原因であることが明らかに報告されている頸椎障害に起因しています。2004年に、国際頭痛学会(IHS)は子宮頸管性頭痛を二次性頭痛として分類しました。頸部痛や頸部筋肉の圧痛は頭痛患者によく見られる症状であり、頸部の軟部組織や骨格構造が頭痛を引き起こす可能性があることが知られています。継続的な理学療法は、頭痛を伴うほとんどの患者さんにとって可能性のある治療法の1つです。

子宮頸管炎性頭痛患者に対する理学療法介入の効果を複数の研究が適用し、同定した。子宮頸管頭痛患者に4週間適用操作、関節動員および安定化を施し、数値疼痛評価尺度(NPRS)および頸部障害指数(NDI)を用いて比較した。子宮頸管炎性頭痛患者に操作と頭頸部屈曲を適用し、視覚的アナログ尺度(VAS)を用いて頭痛の周期と強度を比較した。Park et al。頸部伸展と頭頸部屈曲運動を適用し、筋肉の緊張の変化を比較しました。これらの研究は、安定化運動を受けた患者のグループが疼痛強度の減少、NDIの変化、および上部頸部筋肉張力の減少を有することを見出した。この研究で示されているように、安定化トレーニングは子宮頸管形成性頭痛患者に良い効果をもたらすと評価されています。

最近、様々な非侵襲的脳刺激技術が試みられている。経頭蓋磁気刺激(TMS)および経頭蓋直流刺激(tDCS)は、近年広く使用されている2つのそのような技術である。TMSと比較して、tDCSは簡単な適用、高い患者コンプライアンス、および理学療法または他の運動でそれを実行する可能性に関して利点を持っています。tDCSの間、弱い直流が頭皮を通して伝達される。いくつかの研究は、電極部位および電流強度を変えることによってtDCSの効果を検証し、そしてtDCSが約13分間運動皮質に送達される場合、皮質の刺激能力は数時間後でさえ調節されることを見出した。さらに、この技術は脳卒中、てんかん、頭痛などの神経学的障害のある患者に有用であることがわかっており、等尺性抵抗時の筋持久力の向上、動的バランスの向上、痛みの軽減。

非侵襲的脳刺激技術は、疼痛管理および機能改善にとって安全かつ効果的であり、そして最近、脳卒中患者、運動選手、および線維筋痛症患者について研究され、そして検証されている。しかしながら、頭痛、一般的な神経障害を有する患者に関する研究はあまり行われておらず、以前の研究では、頸部性頭痛患者における体位矯正運動中の脳刺激の影響を適用し調査したことはない。したがって、子宮頸管性頭痛ならびに筋骨格系および機能的変化を有する患者に対して、客観的なツールを用いて測定および分析された新規治療方法および効率的な運動療法を開発することが重要である。

 

参加者と方法

この研究は、2018年6月にSehan大学の施設内審査委員会(IRB)によって承認されました(IRB承認番号:2018-06)。研究は、2018年6月15日から2018年7月14日まで実施された。21〜45歳の子宮頸部頭痛患者30人を募集し、無作為に対照群(n = 15)と治療群(n = 15)に割り当てた。 15)。標準的な伸展運動を受けた後、対照群は頭頚部屈曲運動を行い、治療群は頭頚部屈曲運動中にtDCSを受けた。参加者は、IHSの診断基準に従って子宮頸管性頭痛と診断された患者であり、疾患の期間は3ヶ月から2年の範囲でした。参加者全員が書面によるインフォームドコンセントを完了した。

すべての介入と評価は訓練を受けた理学療法士によって行われました。頭頸部屈曲運動は、膝を曲げた状態で患者を仰臥位にして行う。圧力センサー(Stabilizer、Chattanooga Group、TX、USA)を首の下に配置し、20 mmHgの圧力に膨張させる。これに続いて、参加者は、頭頸部の屈曲を誘発するために軽くうなずく動作を実行するように求められる。この運動はセンサーにかかる圧力を増加させ、セラピストは患者にもよりますが約2〜10 mmHgの増加を保証します。高められた圧力は10秒間維持され、運動は10回繰り返されます7)。

我々は、Haloスポーツ(Halo Neuroscience、2014年、米国)を使用してtDCSを適用し、そしてそれは頭蓋頸部屈曲運動中の一次運動皮質に適用された。電極は、国際10〜20システムに従って、C3、C4、およびCz領域に配置しました。刺激は、運動中に21分間2.0 mAの電流を流すように設計されています。

参加者が頭頸部の屈曲運動を行っている間に、胸骨滑膜筋腫様筋活動を安定剤を使用して測定した。MP100表面筋電図検査(EMG)システム(Biopac Systems Inc.、カリフォルニア州ゴレタ、米国)を使用して、胸骨筋腫様筋活動を測定した。胸骨滑膜筋腫筋の活動電位を定量化するために参照随意収縮(RVC)を測定した。RVCを測定するために、参加者は膝を曲げて仰臥位で横になり、45°の頸部屈曲を維持した。5秒間得られたデータを用いてRMS(二乗平均平方根)を計算した後、最初および最後の2秒間を除く3秒間の平均EMG信号を%RVCとして使用した。十分な練習をした後、抵抗を22 mmHg〜30 mmHgに上げて測定しました。14)。

治療群と対照群との間の筋活動およびNDIの差は、共分散(ANCOVA)を用いて分析した。統計学的有意性をα= 0.05に設定し、そして統計分析をSpss 19.0を用いてWindowsオペレーティングシステム上で実施した。

 

結果

参加者の一般的な特徴を表1に示します。処置群は、対照群と比較して介入後にNDIの有意に大きな変化を示した(p <0.05)(表2)。処置群はまた、対照群と比較して、胸骨筋腫様筋活動の有意に大きい変化を示した(p <0.05)

 

討論

本研究では、それらを無作為に対照群と治療群に割り当て(それぞれn = 15)、4週間にわたって異なる運動介入を行った後の30人の子宮頸部頭痛患者におけるNDIと胸骨筋腫様筋活動の変化を比較した。

両群ともNDIが減少した。特に、治療群はNDIの有意に大きい減少を示した。頭頸部屈曲運動または頸部筋強化運動のいずれかを8週間行った後の、座っていない姿勢で長時間過ごした高校生のNDIの変化を比較した研究で、Lee et al。13)は、頭頸部屈曲群がNDIのより大きな減少を示したことを報告した。グプタ等。15)頭頸部屈曲または頸部等尺性運動のいずれかを4週間慢性頸部痛を有する患者に適用し、前者のグループがNDIのより大きな減少を示したことを見出した。これらの結果は、頭頸部屈曲運動が首の痛みを軽減し首の機能を改善することによってNDIを減少させるという我々の結果と一致している。Fregni et al。12) は、5日間tDCSを受けた外傷性脊髄損傷患者群が、対照群と比較して疼痛の有意な減少を示したことを報告した。線維筋痛症患者の刺激部位を変えた別の研究では、一次運動野でtDCSを受けた患者のグループが介入後の痛みが最も少なかった16)。fこれらの結果は、一次運動皮質でtDCSを受けた子宮頸部頭痛患者のグループがNDIのより大きな減少を示し、頭頸部屈曲運動中のtDCSが疼痛強度と頸部に影響を及ぼしたと推測されるその結果、全体のNDIが低下します。

本研究では、両方のグループが胸骨類ステロイド様筋活動の減少を示した。tDCSで頭頸部屈曲運動を施行した治療群の減少量は有意に大きかった。

慢性頸部疼痛患者を頭頸部屈曲群と頸部等尺性運動群に分類し、6週間の運動中の胸骨鞘腫様筋活動の変化を比較した。結果は頭蓋頸部屈曲群が胸骨類乳房様筋活動の減少を示したことを示した。Zitoら。17)子宮頸管頭痛患者と健康な成人の頭頸部屈曲運動中の胸骨傍筋腫様筋活動を比較し、前者のグループは健康な成人と比較して胸骨鞘腫様筋活動が高いことを見出した。これらの結果は、両方のグループで胸骨乳腺筋様筋活動が減少するという我々の発見と一致しています。頭蓋頸部屈曲介入が深頸部屈筋を強化し、それによって表在胸骨滑膜筋腫筋の活動を減少させると我々は推測している。健康な参加者の運動皮質にtDCSを適用した後に筋持久力を筋電図と比較する研究において、Cogiamanian等。10)上腕二頭筋の持久力は、対照群と比較してtDCS群で増加したと報告している。さらに、Kaminski et al。11)健康な参加者の動的バランス運動の間にtDCSを適用することは、失敗のインスタンスを減らしながらタスクパフォ​​ーマンスを向上させることを報告しました。本研究では、頭頸部屈曲運動中にtDCSを投与された患者のグループは、胸骨乳腺様筋活動のより大きな減少を示した。これらの結果は、運動中のtDCSが運動皮質の興奮性変化を誘発し、それによって効果を最大化することを示唆しているように思われる。

この研究では、さまざまな運動介入を適用した後の子宮頸管頭痛患者のNDIと筋肉活動を比較しました。結果は、頭頸部屈曲運動中にtDCSを適用することは運動能力を増大させながら疼痛レベルを減少させ、したがって機能改善のためのより効果的な治療法であることを示している。しかしながら、この研究は、限られた数の患者および全ての患者に一般化されている。将来的にはこれを補う必要があると思います。これらの所見を子宮頸管原発性頭痛患者および慢性の頸部疼痛を有する患者のための運動療法に取り入れることは、これらの患者のより効率的な管理につながるだろう。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら