研究論文

 

Epub 2009 Feb 6.

左一次運動皮質上の陽極分極による高齢者における熟練した右運動機能の促進

 
執筆者:Hummel FC, Heise K, Celnik P, Floel A, Gerloff C, Cohen LG.
 

要旨

健康的な老化は、日常生活の活動の遂行および個人的な自立の限界を伴う。最近の報告は、若く健康な成人における一次運動皮質(M1)の非侵襲的陽極直流刺激(tDCS)によって誘発される運動機能の改善を実証した。ここで我々は、二重盲検でシャムと比較して高齢の被験者において、左M1上の単一セッションの陽極tDCSセッションが、日常生活の活動に必要な右上肢課題(Jebsen − Taylor手機能テスト、JTT)の遂行を促進し得るという仮説を検証した。クロスオーバー研究デザイン。我々は、(a)シャムと比較してtDCSによるJTT機能の有意な改善が、刺激期間を少なくとも30分長くしたことを見出した。(b)高齢の被験者ほどこの改善が顕著であること、および(c)若い被験者における以前の結果と一致すること、これらの効果は明白な望ましくない副作用を伴わなかった。我々は、M1に適用される陽極tDCSが、高齢者における日常生活の活動に必要とされる熟練した手機能の遂行を容易にすることができると結論する。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら