研究論文

 

February 2018

経頭蓋電気刺激(tES)の基本的および機能的効果 - 序論

 
執筆者:Fatemeh Yavari,Asif Jamil,Mohsen Mosayebi Samani,Liliane Pinto Vidor,Michael A.Nitsche
 

ハイライト

  • 非侵襲的脳刺激に対する臨床的および研究的関心は指数関数的に高まっている。
  • ここでは、経頭蓋電気刺激(tES)の生理学的根拠に関する主な発見を提示します。
  • 第二部では、行動研究や臨床現場でのtESの適用の証拠について説明します。
  • 我々は、tESの広範な臨床使用の前に取り組む必要があるいくつかの課題に注目する。

要旨

非侵襲性脳刺激(NIBS)は、ここ数年の間にヒトの神経科学研究で人気が高まっています。新たに登場しているNIBSツールには、経頭蓋電気刺激(tES)(主な治療法)、および交流刺激(tDCS、tACS)があります。tESでは、小さな電流(通常3未満) mA)は頭皮を通して送達される。その形状、密度、および持続時間に応じて、印加された電流は興奮性および脳領域の活性、ならびに脳ネットワークに急性または長期的な影響を誘発する。tESは、(a)可塑性に関してヒトの脳生理学を探求すること、および(b)認知プロセスに対する脳生理学の影響を探究すること、および(c)神経疾患および精神病における臨床症状を治療することを目的として、異なる領域でますます適用される。このレビューでは、これらの脳刺激ツールの主なメカニズムとアプリケーションの概要を説明します。


キーワード:
経頭蓋交流刺激、経頭蓋直流刺激、経頭蓋電気刺激、シナプス可塑性、神経生理学、人間の神経科学、認知神経科学

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら