研究論文

 

Epub 2015 Aug 28

経頭蓋直流刺激は脳卒中後の運動学習を促進する:系統的レビューとメタアナリシス

 
執筆者:Kang N, Summers JJ, Cauraugh JH.
 

要旨

経頭蓋直流刺激(tDCS)は、脳卒中運動回復のための魅力的なプロトコルである。現在の系統的レビューとメタアナリシスは脳卒中後の運動学習に対するtDCSの効果を調査した。具体的には、本発明者らは、tDCS介入および運動実践の少なくとも5日後からベースラインまでの運動改善を調べることによって長期学習効果を決定した。17件の研究で長期保存試験(平均保持期間= 43.8日; SD = 56.6日)が報告されており、メタ分析に含めることができた。tDCSを受けたグループおよび模擬対照グループと対比して運動習慣を受けたグループの主要な結果の評価は、21の有効な比較を作成した:(1)16の臨床評価および(2)5の運動スキル獲得試験。変量効果モデルのメタアナリシスは、有意な全体的効果サイズ= 0.59(p <0.0001;低不均一性、T(2)= 0.04、等)を示した。I(2)= 22.75%。そして高い古典的なフェイルセーフN = 240)。4モデレータ変数分析は長期運動学習に対するtDCSの有益な効果を明らかにした:(1)刺激プロトコル:同側半球の陽極、対側半球の陰極、または両側。(2)回復期:亜急性または慢性脳卒中。(3)刺激タイミング:運動前または運動中のtDCS。(4)タスク固有のトレーニングまたは従来のリハビリテーションプロトコル。この頑健なメタアナリシスは、tDCSと脳卒中後の運動習慣を用いた新規の長期運動学習効果を同定した。亜急性または慢性脳卒中。(3)刺激タイミング:運動前または運動中のtDCS。(4)タスク固有のトレーニングまたは従来のリハビリテーションプロトコル。この頑健なメタアナリシスは、tDCSと脳卒中後の運動習慣を用いた新規の長期運動学習効果を同定した。亜急性または慢性脳卒中。(3)刺激タイミング:運動前または運動中のtDCS。(4)タスク固有のトレーニングまたは従来のリハビリテーションプロトコル。この頑健なメタアナリシスは、tDCSと脳卒中後の運動習慣を用いた新規の長期運動学習効果を同定した。 

キーワード:
脳血管疾患 メタアナリシス モーター制御; ストローク; 系統的レビュー

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら