研究論文

 

Epub 2016 Jun 15.

経頭蓋直流刺激の安全性:エビデンスに基づく最新の情報2016

 
執筆者:Bikson, Grossman, Thomas, Zannou, Jiang, Adnan, Mourdoukoutas, Kronberg, Truong, Boggio, Brunoni, Charvet, Fregni, Fritsch, Gillick, Hamilton, Hampstead , Jankord, Kirton, Knotkova, Liebetanz, Liu, Loo, Nitsche, Reis, Richardson, Rotenberg, Turkeltaub, Woods
 

要旨

このレビューは、経頭蓋直流刺激(tDCS)の安全性に関する証拠を更新し、整理します。安全性はここでは運用上の意味で定義されており、その基準は厳密に定義されています。このレビューでは、潜在的な危険性に関する推測をリスクの証拠と反論するためのデータの欠如と混同しないように注意しながら、ヒト試験からの経験の集約に基づく証拠に基づくアプローチを採用しています。組織損傷に対する動物実験の安全性データは、ヒトへの翻訳を体系的に考慮して検討されています。任意の安全上の配慮が避けられます。計算モデルは、人間と動物の脳の露出に線量を関連付けるために使用されます。関連する用量反応曲線および用量測定基準(例:電流、持続時間、電流密度、電荷、意味のある安全基準 小児および高齢者、気分障害を伴う対象、てんかん、脳卒中、インプラント、および家庭内使用者を含む理論的に脆弱な集団には特別な配慮が払われている。関連する動物モデルからの証拠は、直流刺激(DCS)による脳損傷が従来のtDCSによって生成されるものより一桁以上大きい予測脳電流密度(6.3-13 A / m(2))で発生することを示しています。今日まで、ヒト試験における従来のtDCSプロトコルの使用(≦40分、≦4ミリアンペア、≦7.2クーロン)では、33,200以上のセッションおよび1000以上のセッションを繰り返したセッションにわたる重篤な有害作用または不可逆的損傷の報告はありません。これには、潜在的に脆弱な集団の人々を含む、多種多様な被験者が含まれます。

キーワード:
電気刺激 気分障害 安全性; 経頭蓋直流刺激。tDCS; tDCSの安全性

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら