研究論文

 

First Online: 24 September 2014

経頭蓋直流刺激:プロトコールおよび生理学的作用機序

 
執筆者:Michael A. Nitsche,Min-Fang KuoWalter PaulusAndrea Antal
 

要旨

直流による持続性刺激(経頭蓋直流刺激[tDCS])は、皮質の興奮性、活性を調節し、そしてヒトの脳において神経可塑性を引き出す方法として約10年前に再導入された。tDCSは、その持続時間および強度に応じて、刺激終了後数時間まで皮質興奮性を変化させる。陽極刺激は興奮性を増加させるが、陰極刺激はそれを減少させる。電極下のこれらの局所効果を超えて、皮質ネットワークに対するtDCSの影響が最近明らかにされた。過去12年間で、tDCSは健常者の知覚機能、運動機能、および認知機能を可逆的に変化させることが実証されています。さらに、臨床試験的研究の結果は、神経疾患および精神疾患における治療としてのその適合性を示唆している。このレビューでは、tDCSの原則の概要を説明します。最近開発された新しい刺激プロトコルを含む、刺激強度、持続時間、電極サイズ、および構成などの特定の刺激パラメータが、効果の方向、大きさ、および持続時間をどのように決定するかについて説明する。さらに、主な推定地域およびネットワークの生理学的メカニズムの概要を説明します。

キーワード:
運動皮質  機能的連結性  刺激プロトコル  皮質興奮性  陽極tDCS 

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら