研究論文

 

12 August 2014

運動前皮質の経頭蓋直流刺激:手の器用さへの影響

 
執筆者:Elena Pavlova, Min-Fang Kuo, Michael A.Nitsche, Jörgen Borg
 

ハイライト

  • 経頭蓋直流刺激(tDCS)を使用します。
  •  健康な参加者の運動前野を刺激します。
  • 器用なタスクはtDCS効果を登録するために使用されます。
  • 右の運動前野の左ではなく左のtDCSは器用さを改善します。
  • 運動前皮質tDCSは器用さを改善するための魅力的な新しいターゲットかもしれません。


要旨

運動前野の活動は複雑な運動能力と運動学習に関連しており、経頭蓋直流刺激(tDCS)によって器用さを改善するための潜在的なターゲットを提供しています。健常者における筋力 - 器用さ試験の成績に及ぼす運動前皮質のtDCSの影響を調べた。

方法:
試験の間、親指と人差し指との間に保持されている細長いばねは、座屈せずにできるだけ圧縮されるべきである。試験で評価した指の力が器用さの尺度を提供した。最初に、一次運動野への陽極tDCSの間にタスクパフォ​​ーマンスが12人でテストされました(M1)演技する手とは反対側で、偽の刺激。さらに12人が、左右の運動前皮質および偽刺激を介した5回の陽極および陰極tDCSセッションに参加した。

結果:
M1を超えるtDCS、および左を超えるが右の前運動皮質を超えるtDCSは、パフォーマンスの有意な改善をもたらした。パフォーマンスの変化は、左側の陽極tCと右側の陰極tDCSの間で正に相関し、両側の陽極tDCSの間で負に相関した。課題遂行を改善するための運動前刺激の有効極性は参加者間で異なった。陽極刺激で改善した人は、陰極刺激で改善した人に比べて指の力が小さいため、テストがより困難であると経験しました。

結論:
この研究は、左運動前野のtDCSが器用さを要求するタスクのパフォーマンスを向上させることができることを示しています。刺激の効果的な極性は、タスクパフォ​​ーマンス戦略によって異なります。さらに、この研究は左右の運動前皮質間の相互作用の機能的関連性を示しています。

キーワード

経頭蓋直流刺激、tDCS、背側運動前野、PMd、器用さ、強度 - 器用さテスト

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります