研究論文

 

Brain Stimul. 2014 Jul-Aug;7(4):532-40. doi: 10.1016/j.brs.2014.04.005. Epub 2014 Apr 18

運動技能学習の下位要素に対する異なる電気的脳刺激プロトコルの効果

 
執筆者:Prichard G, Weiller C, Fritsch B, Reis J.
 
 
 
要旨

バックグラウンド:
一次運動皮質(M1)に適用される経頭蓋直流(tDCS)またはランダムノイズ刺激(tRNS)を用いた非侵襲性電気脳刺激(NEBS)は、運動学習を増強することができる。

目的:
私たちは、異なるタイプの刺激が3日間連続してトレーシングタスクの学習の特定の側面、すなわちスキル獲得(オンライン/セッション内効果)または統合(オフライン/セッション間効果)を変更するかどうかをテストしました。

方法:
3日間連続した追跡課題に関する運動訓練は、刺激の種類とモンタージュの異なる組み合わせ(tDCS、tRNS)と組み合わせた。

結果:
tRNSを用いた片側性M1刺激、ならびに片側性および両側性M1 tDCSはすべて、偽刺激と比較して運動技能学習を強化した。すべてのグループで、これは追加のオフライン効果なしでオンライン効果によって引き起こされるように見えました。一方的なtDCSは刺激の開始直後に大きなスキルの増加をもたらしたが、tRNSはより緩やかな効果を発揮した。右側頭葉の対照刺激は、偽に対してスキル学習を向上させなかった。

結論:
tDCSとtRNSの作用機序はおそらく異なる。したがって、セッション内のスキル向上の時間経過は、運動スキル学習の生理学的プロセスとの特定の時間的に異なる相互作用を指す可能性があります。さまざまな課題や脳損傷患者におけるNEBSのパラメーターを調べることで、神経リハビリテーションにおけるNEBSの利点を最大限に引き出すことができます。

キーワード:
脳の刺激; tDCS; tRNS

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら