研究論文

 

Epub 2015 May 22.

マルチタスク成績の遅延増強前頭前野における陽極経頭蓋直流刺激の効果

 
執筆者:Wan-YuHsu,Theodore P.Zanto,Joaquin A.Anguera, Yung-YangLin, Adam Gazzaley
 
 
要旨
 
バックグラウンド:
背側前頭前野(DLPFC)マルチタスクパフォ​​ーマンスの根底にある神経プロセスで重要な役割を果たすために提案されています。しかしながら、この主張は直接的な因果的証拠の観点からは過少評価されている。
 
目的:
現在の研究は、要求の高いマルチタスクパラダイムに従事する前に経頭蓋直流刺激(tDCS)で神経活動を調節することによって、マルチタスク中のDLPFCの因果関係を描写することを目的としていた。
 
方法:
この研究は、一重盲検、交差、偽対照実験です。彼らがマルチタスク性能を評価するように設計された3 − Dビデオゲームに従事する直前に、41人の健康な青年(18〜35歳)の左DLPFCに陽極tDCSまたは偽tDCSを適用した。参加者は3つのサブグループに分けられました:本当の偽(すなわち最初のセッションの本当のtDCS、続いて1時間後の2番目のセッションの偽のtDCS)、偽 - 本当(偽のtDCS最初のセッション、本当のtDCS二番目のセッション) -sham(両方のセッションでtDCSを偽造)。
 
結果:
第2回目のセッションでは、第1回目のセッションと比較して、偽物グループはマルチタスクパフォ​​ーマンスの向上とマルチタスクコストの削減を示し、tDCSの認知的利益の遅れを示唆しています。興味深いことに、パフォーマンスの向上はマルチタスクでのみ観察され、シングルタスク版のゲームでは観察されませんでした。第1セッションと第2セッションの間に、偽の実グループまたは偽の偽グループのどちらについても、大きな変化は見られませんでした。
 
結論:
これらの結果は、複数の課題の同時遂行、またはマルチタスクを促進する上での左前頭前野の因果的役割を示唆している。さらに、これらの知見は、陽極tDCSが学習率の向上を反映して利益を遅らせる可能性があることを明らかにしている。
 
キーワード:
背外側前頭前皮質、マルチタスク、経頭蓋直流刺激
 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら