研究論文

 

2016 March 22

カルシウムイメージングは​​マウス脳における経頭蓋直流刺激誘発可塑性へのグリアの関与を​​明らかにする

 
執筆者:Monai H, Ohkura M, Tanaka M, Oe Y, Konno A, Hirai H, Mikoshiba K, Itohara S, Nakai J, Iwai Y, Hirase H.
 
 
要旨
 
経頭蓋直流刺激(tDCS)は、様々な神経学的状態を改善し、そしてヒトにおける記憶および認識を増強することが知られている治療法である。
tDCSはその潜在的な治療上の価値で注目を集めています。
しかし、その作用メカニズムについてはほとんどわかっていません。
アストロサイトと興奮性ニューロンの亜集団でG-CaMP7を発現するトランスジェニックマウスを使用して、我々はtDCSが局所場電位の明らかな変化なしに全体の皮質全体で大振幅の星状細胞のCaサージを誘導することを見出した。
さらに、感覚誘発皮質反応はtDCS後に強化されています。
これらの強化は、α1アドレナリン受容体に依存し、星状細胞のカルシウムサージが存在しないIP 3 R 2(イノシトール三リン酸受容体2型)ノックアウトマウスでは観察されていない。

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら