研究論文

 

J Neurosci. 2014 Jan 15;34(3):1037-50. doi: 10.1523/JNEUROSCI.2282-13.2014.

両半球経頭蓋直流刺激は運動相乗効果とシーケンス学習のエフェクター非依存性表現を強化する

 
執筆者:Waters-Metenier S1, Husain M, Wiestler T, Diedrichsen J.
 

要旨
シャツをボタンで留めることからピアノを弾くことまで、複雑な手作業の作業には、基本的に2つの要素があります。

(1)特定のパターンの筋肉活動パターン(ここでは「相乗効果」と呼びます)。
(2)これらを意図的なシーケンスに文字列化する。


一次運動皮質(M1)の経頭蓋直流刺激(tDCS)が運動シーケンスの学習を増加させることが見出されたが、それが同様に運動相乗効果学習を促進できるかどうかは未知である。
ここでは、困難な筋肉活性化パターンの生成を必要とする新しい手の構成タスクを使用して運動相乗効果の学習にtDCSの影響を決定しました。
二重盲検デザインにおける4日間の反復左手構成訓練中に、両半球tDCSをM1人の健康な右利きの参加者に適用した。
tDCSは相乗効果学習を強化し、その後、より速くより同期のとれた実行につながりました。この効果は訓練後少なくとも4週間持続しました。
定性的に類似したtDCS関連の改善は、別の被験者コホートにおけるフィンガーシーケンスのトレーニング中に起こりました。
我々はさらに、tDCSが特定の相乗作用/シーケンスに対する運動記憶の獲得を改善しただけであるのか、それとも運動表現のより一般的な部分を促進し、それが新規な運動に移されるのかを判断した。
批判的には、我々はtDCS効果が訓練されていない手の配置と訓練されていない指の配列(すなわち非特異的)、そして訓練されていない手(すなわちエフェクターに依存しない)に一般化した。それ故、両半球tDCSは神経リハビリテーション訓練レジームへの有望な補助剤であるかもしれません。

キーワード: 運動皮質、モーターシーケンス、モーターの相乗効果、tDCS

 

※こちらの論文は、原文の一部を翻訳したものになります

原文はこちら