tDCS応用ディバイス HaloSportニュース

 ホーム製品紹介>Halo Sport(ヘイロースポーツ)
 
※15,000人がHaloSport活用!!
※日本国内 出荷台数300台突破!!
 
※平成31年3月19日号 NW日本版掲載
 
脳を鍛えるHalo Sportヘイロースポーツ
 
                      新型Halo Sport2 
 

製品説明

 
tDCS応用ディバイス Halo Sportヘイロースポーツ 
ヘッドフォンタイプのヘイローは、脳の中でも特に、筋肉の動きを司る部位「運動野」を刺激する画期的なシステムです。
 

運動選手の脳へのガイド:運動技能学習

投稿者 ケイン・ラッセル(脳科学研究者) 2018年11月29日

 

ギターを弾く、叉はパッティングを行うには、脳が特定の順序で正しい筋肉に信号を送信する必要があります。

ヘイロースポーツを使えば、そのプロセスを完成させるのに必要な手助けをします。

神経可塑性 - 脳の魅力的で成形可能な性質はすべての学習の背後にある力です。それはアスリートやミュージシャンがギターのパッティングやピアノ演奏のような細かく調整された筋肉の動きを習得し完璧な運動能力を身につけることを可能にするものです。

今週は、運動技能学習の背後にある科学をさらに深く掘り下げ、ヘイロースポーツが新しい技能を習得するために脳の自然な能力をどのように活用できるかを説明します。 

それの詳細

運動技能学習は、運動が練習によってより速くそして正確に実行されるプロセスとして定義されます。運動能力は、パフォーマンスが停滞状態「成績が向上しない状態」に達するまで、複数のトレーニングセッションで獲得されます。学習には2つの段階があります。早い段階と遅い段階です。早い段階では、1回のトレーニングセッションでの迅速な改善が行われます。遅いゆっくりとした段階では、複数の何度も繰り返すセッションによって徐々に安定した小さな改善が見られ、最終的に安定したピークに達します。

たとえば、これまでにフリースローを放ったことがない選手の場合は、これまでに体は経験したことがないように筋肉を調整しているため、初めて練習するときが最も学習が集約的になります。

最初のセッションが終了すると、あなたはショットをするために必要とされるものの多くを認識していますが、まだこの段階ではあなたはあまり良くありません。あなたはその後の練習で、あなたはあなたの脳のビジョンがあなたの体の動きと一致するように正確さを得るという遅いゆっくりしたプロセスを始めます。最終的には、比較的一定のレベルの専門知識の領域に達するでしょう。

運動技能の学習は最初は急速に行われ、その後練習の増加とともに横ばいになります。

 もう少し詳細

速いと遅いと間の分割に加えて、運動能力の習得は別の軸にまたがる段階に分けることができます。

1.エンコーディング (変換)

2.つなぐ(連結)

3.リテンション(保持)&リコール(修正)

符号化は速い学習期間と重なり、運動能力が経験から脳に保存されている構成へ変換されるプロセスを指します。エンコードの大部分はオンラインで行われます。叉はトレーニングセッション中の間で行われます。 

これとは対照的に、スキルの統合はオフラインで行われ 、叉はトレーニングセッション間の間で行われます。

睡眠は重要なオフライン期間です。スキル学習の大部分が頭脳に集約されたときです。統合は、速い学習と遅い学習の中間段階と考えることができます。学習の最後の段階である保持は、オフラインとオンラインの両方の間で、遅い学習段階と同時に行われます。

保持の結果は、筋肉の記憶に対する学習したスキルのコミットメントと、この記憶を自由に取り戻す能力です。マッスルメモリーとは、意識的な努力なしにスキルを実行する能力のことです。

たとえば、スリーポインター王Steph Curryがフリースローを放つたびに、その動きは簡単そうに見えます。彼はその特定のスキルを何度も練習してきました。それは筋肉の記憶として保持されているので、考えなくても自動的に記憶を取り出して動きを完成させることができます。

 

カレーのスキルは自動的動き

 

ローカライズされた学習

それでは、運動技能学習は脳のどこで行われるのでしょうか。それは複雑な質問です。学習の各段階では、低レベルの視覚領域と知覚領域(これらはナッツアンドボルト「物事の基本」を実行)から情報を統合して合成する高次の皮質領域まで、さまざまな脳領域が関係します。

ただし、運動学習に固有の1つの脳の領域は、一次運動野、叉はM1です。

 

         一次運動皮質

 

 一次運動皮質は自発的な自発的開始の根本である。

動き

それは学習の早い段階でも遅い段階でも活性化されます。スキルが筋肉の記憶に専心するようになると、運動皮質はそれほど関与せず、活性化は潜在意識の運動記憶が記憶される小脳のような低次の処理領域に切り替わる。これは、運動技能が向上するにつれて起こる行動の変化、すなわち、意識的な努力なしに技能を完成させることができるまで思考への依存がますます少なくなることを反映している。

スキルを活性化する

すべてのアスリートがSteph Curryと同じ精度を持つことができるとしたら、それは素晴らしいことではないでしょうか。

ヘイロースポーツをトレーニングに追加します。ヘイロースポーツは、激しい繰り返しのトレーニングと組み合わせると、運動皮質の活性化を高めることでアスリートに優位性を与えます。運動皮質活性化の増加は、神経駆動を直接強化し、迅速なオンライン学習を促進するため、Neuropriming「ニューロンのスピードをアップさせる」の原動力となります。高レベルのM1(運動野)活性化の繰り返しは、新たな神経経路の創出を促進し、オフラインでの圧迫/保持率を高めるので、過可塑性の触媒でもあります。究極の結果は、より速い運動学習です。これは、特定のスキルを向上させようとしているすべてのアスリートにとって素晴らしいことです。

しかし力のないスキルは基本的に無用です。Steph Curryは彼の睡眠中にフリースローをする能力を持っているかもしれません、しかし、彼がネットにボールを届けるための能力を持っていなかったならば、彼はスリーポインター王になるはずがありません。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

運動選手の脳へのガイド:過形成 

「細胞増殖によって組織の体積が大きくなること」

投稿者 ケイン・ラッセル に 2018年11月29日

 

運動選手の脳へのガイド:過形成

 

最後の領域:脳の役割

我々は運動能力を向上させることで脳の役割を模索し始めました。運動トレーニングと対になったときに脳と筋肉のつながり(すなわち神経駆動)を強化する方法であるNeuroprimingの概念について議論しました。ニューロプライミングは一時的に運動能力を高めますが、ニューラルドライブ「神経駆動」を増やすだけでは改善を維持することにはなりません。この結果を達成するために、長期的な学習と記憶のための脳の能力が利用されなければなりません。ヘイロースポーツでは、頭脳の自然な学習プロセスを加速するために最初のヘイロースポーツ製品を設計しました。その結果ニューロプライミングで得られる利益は長期維持に役立ちます。 このメカニズムを過形成と呼びます。

脳を再配線する

過形成がどのように作られるかを説明するために、我々は最初にいくつかの基本的な神経科学の原則を学ばなければなりません。

私たちの脳が小児期および青年期に発達すると、非常に急速に結合を作り最適化するニューロンが生成されています。 

神経経路の創造は私達が記憶を学びそして獲得することを可能にする。

長年の間、科学者たちは、一生の間に作られるニューロンとニューラルネットワークの数は有限であり、一度脳が完全に発達すると、できる再配線の量は極めて限られていると信じていました。しかしながら、最近の研究はこの理論を打ち消し、そして研究は高齢者でさえも新しい神経経路を生成しそして学習と記憶のためのそれらの能力を高めることができることを示した。簡単に言えば、私たちの脳は展性、成形性、プラスチックのようなものです。したがって、脳を再配線するこの現象が神経可塑性として知られていることは理にかなっています。

 

練習は完璧になります

では、神経可塑性は運動トレーニングとどのように関連しているのでしょうか。それは、バスケットを放つこと、フィールドゴールを蹴ること、ゴルフスイングを完成させることなど、新しいスキルを習得するたびに、脳の神経可塑性の可能性を利用していることです。初めて新しいスキルを試すときは、脳とそのスキルに必要な特定の筋肉のセットとの間の接続は最適化されていません。しかし、あなたが練習すればするほど、より強固で洗練された神経経路となり、より多くのニューロンと筋繊維が集約され正しいパターンで調整されます。

 

 

ニューラルネットワークの創造

 

脳内のこれらの塑性変化は、技能に関する身体的な改善をもたらします。練習し続けると、最適化された脳で筋肉出力が維持され、スキルも維持されますが、練習を怠ると、機能的な接続が同期しなくなり、パフォーマンスが低下します。だから、本当にあなたのお母さんがいつも「練習が完璧になるように」とあなたに言った理由があります。それはすべて神経可塑性に帰着します。

 

加速(増幅)

神経可塑性は、新しいスキルの習得中に発生する自然現象です。それはあなたが何かを練習すれば、あなたはそれで良くなるだろうというのは常識です。しかし、改善には時間がかかることもあり、時には骨の折れるほど長い時間がかかることもよく知られています。時間要素を減らす方法があったらどうですか。ヘイロースポーツにはできます。Neuroprimingセッションが運動トレーニングとペアになっている場合、脳は神経経路をより早く生成し強化するようにプライミングされています。この現象を過形成と呼びます。  

 

本質的に、halosportヘイロースポーツはあなたの脳が新しい神経経路を生成し最適化する自然な能力をスピードアップします。 

ヘイロースポーツで1〜2回トレーニングを完了しても、一晩中プロになるわけではないことを認識することが重要です。練習は常にスキルを強化するために必要とされるので、長期にわたって加速された利益を実現するために、ヘイロースポーツは毎日の運動トレーニングと組み合わせて定期的に使用されなければなりません。ヘイロースポーツが散発的にまたはまれに使用されている場合、追加の効果は小さく一時的なものになります。ただし、Neuroprimingが毎日の運動トレーニングに統合されている場合は、利益が得られ、加速された速度で維持されます。

最終的には、習得したスキルはエンコード「暗号化 変換」され、筋肉の記憶として保存され、意識的な努力なし「自動的に」にアクセス可能になります。

 
 
 
 
 
*************************************
halosportを装着すると
以下のような効果が期待できます。
 
■ 筋力
  • ベンチプレス
  • スクワット
  • ロッククライミング
■ 瞬発力
  • 垂直跳び
  • 短距離走
  • クリーン(ウエイトリフティングの一種)
  • アジリティ
  • 立ち幅跳び
  • 握力
  • 反応速度

■ 持久力
  • ランニング
  • 水泳
  • サイクリング
  • マラソン
  • 陸上
  • トライアスロン

 マッスルメモリー (筋肉の記憶力)
  • 楽器の演奏 ピアノ、バイオリン、チェロ、トランペット
  • ゴルフのスイング
  • バスケットボールのシュート
  • サッカー
  • 野球
  • レスリング
  • 柔道
  • バレー
 
 
 

導入事例


Halo Sportを使用した
サンフランシスコ・ジャイアンツ選手のスピードと敏捷性改善!
 
サンフランシスコ・ジャイアンツは革新的なトレーニング内容で有名です。最新のスポーツ科学技術を活用して、各選手は競技で優位に立つことができるようになります。
野球選手の負傷原因のひとつに、反復的な練習による身体疲労によるものがあります。しかし、反復的練習は、野球の試合に欠かせない技術を微調整するためには必要です。
 
サンフランシスコ・ジャイアンツは、ヘイロースポーツよるトレーニング方法を導入を選択。
チームのスピードと瞬発力を向上させるために、ニューロプライミング・トレーニング(Neuropriming™)を柔軟性、スピード、パワー、敏捷性の改善に焦点を当てたトレーニングプログラムと組み合わせて使用しました。
 
その結果、ヘイロースポーツを使用してトレーニングを行った選手は、2週間に及ぶトレーニングで複数の能力を測定すると、対照群の選手と比較して改善スピードが速くなりました。
 
 
 
 

製品の購入

 
halospot(ヘッドフォン)
 
弊社が運営するヘイロースポーツ販売サイトで購入が可能です。
メンテナンス及びアフターサービスは、日本語対応。日本全国送料無料)

当社でヘイロースポーツをご購入のお客様への対応につきましては以下となっています。

  1. 日本人による効果的な使い方のアドバイスをしています。
  2. 使用説明書やカタログ等は全て日本語で対応しています
  3. 故障や不具合にも迅速丁寧に対応いたします。
以下のボタンをクリックすると、別ウィンドウで購入画面が表示されます。